こどもたちのための里山


ふとまにの里

富士山が見える甲府市内のneten株式会社にある、

緑の里山公園「ふとまにの里」。

1,800坪の大地に広がる「ふとまにの里」には、

起伏のある丘と森があり、その間を縫うように、

木と石と土で自然に作られた小川が流れ、

途中には、水を浄化する働きをするマコモが生い茂るマコモ池、

魚やエビ、水生昆虫がいっぱいの三日月池があります。

小川とつながる手植え自然栽培の田んぼ、

ロゴファームや葡萄畑もあります。

甲府に昔ながらにあった、豊かな実りに囲まれた里山を再現しています。

Nanasawa Instituteの実験場としても使用されています。




ふとまにの里には、

Nanasawa Instituteが開発したさまざまな土壌改良材や場の力を高める装置が配置されています。

完成して1年目で、米、葡萄、マコモから野菜まで、農家も驚くほどの収量を上げ、

今では珍しくなった、ミズカマキリ、コオイムシ、マツモムシが自然発生する豊かな里山となったのは、

それらの「装置」のおかげなのかもしれません。



ニュース

Child Arts Academyにて、秋の収穫祭が開催されました!

2018.10.6

井戸水が湧いた!

新たな井戸ができました!

2018.9.12

子ども達と生態調査を行いました!

2018.8.5

甲府ではじめての「ロゴフェス」が行われました!

2018.7.18

ジャイロスコープのインストールされている環境でお楽しみいただけます。VRゴーグルをお持ちの方は、ぜひお試しください!